About IODP

・IODP概要と枠組み

・IODP掘削プロポーザルについて

・科学推進専門部会のサポート

IODP概要と枠組み

国際深海科学掘削計画(IODP) 2013-2023

iodp国際深海科学掘削計画(International Ocean Discovery Program: IODP)は2013年10月から新たに開始され、2011年に世界の研究者コミュニティーによって策定された科学計画書「Illuminating Earth’s Past, Present, and Future」に基づき、深海底の掘削により地球システムの包括的理解を目指す多国間共同研究プロジェクト。IODPでは日本、アメリカ、ヨーロッパがそれぞれ提供する3隻の科学掘削船を用いて、海底を掘削し、研究を行います。IODPに参加する研究者は掘削によって得られる地層・岩石の柱状試料(コア)や、掘削孔を活用した研究を行います。

IODP掘削航海のページはこちら

NSP本科学計画書では、以下の4つの主要テーマが示されています。
1.気候・海洋変動:過去を読み、未来を予想する
2.生命圏フロンティア:地下生命多様性および生態系による環境への影響
3.地球活動の関連性:深部プロセスおよびその地球表層環境への影響
4.変動する地球:人類の時間的スケールに対するプロセスおよびハザード

IODPに関する詳細情報は、IODPのウェブサイトでご覧になれます(IODPのウェブサイトはこちら)。

 

IODPの枠組み

IODP組織図

iodp_structure

フォーラム

IODPフォーラムは、IODPの科学的な進捗に関するアイデアや考えについて情報交換を行う場所です。このフォーラムは科学計画の管理人であり、IODPにおける科学掘削船の運用委員会へ助言を行います。

プログラム・メンバー・オフィス(Program Member Office: PMO)

IODP 参加各国においてSAS委員や乗船研究者の公募・推薦等を行う機関(ナショナルオフィス)の総称。日、米、ECORD、中国、韓国(Interlim Asia Consortium)、オーストラリア/ニュージーランドにおいてそれぞれ、J-DESC、USAC/USSSP、ESSAC、MOST、K- IODP、ANZICに相当する。

実施機関(Implementing Organization: IO)

IODPにおいて、掘削船の運用・管理、エンジニアリングサイトサーベイデータバンク、コアの保管をはじめとする各種業務を実施する組織。

JOIDES Resolution Facility’s アドバイザリーパネル

IODPに提出されたプロポーザルの科学的内容の評価を行うScience Evaluation Panel: SEP(科学評価パネル)と掘削サイトの安全性及び掘削による環境影響評価を行うEnvironmental Protection and Safety Panel: EPSP(環境保護安全パネル)にはJ-DESCからも委員を派遣しています。これらのパネルはIODP Science Support Officeによってオーガナイズされています。
JOIDES Resolution Facility’s アドバイザリーパネルに関する詳しい情報は>>外部リンクはこちら

J-DESCからの委員

科学評価パネル(Science Evaluation Panel: SEP)
委員氏名 所属 専門 任期
Science subgroup
石丸聡子 熊本大学 岩石学 2013年10月~2016年9月
池原 実 高知大学 古海洋学、地球化学 2013年10月~2016年9月
諸野祐樹 JAMSTEC 微生物学 2014年10月~2017年9月
山本正伸 北海道大学 地球化学 2014年10月~2017年9月
阿部なつ江 JAMSTEC 岩石学 2015年10月~2018年9月
日野亮太 東北大学 地震学、地球物理学 2015年10月~2018年9月
Site Survey subgroup
芦 寿一郎 東京大学 地球物理学 2014年10月~2017年9月
環境保護安全パネル(Environmental Protection and Safety Panel: EPSP)
委員氏名 所属 専門 任期
辻 健 九州大学 地球物理学 2013年10月~2016年9月

IODP掘削プロポーザルについてchikyu_tansa

 

IODP掘削プロポーザルについて

IODPの仕組みとプロポーザル提出について

 

提案から実現までの流れ(評価方法)

 

propevalprocess

提出について

 

航海実績・予定へのリンク
  • IODP研究航海についてはこちらをご覧ください。

 

その他
  • 今後のIODP掘削船のスケジュール・動向については事務局までお問い合わせください。

科学推進専門部会のサポート

科学推進専門部会のサポート

科学推進専門部会では、IODPに関する事前調査及び既存サイトサーベイデータの利用に関する事項を含む、国内発掘削提案に向けた各種のサポートを実施しております。プロポーザル提出を検討される際は、お気軽に以下問合せ先までご相談ください。

J-watch
  • 科学推進専門部会では、日本発のプロポーザルの実現を支援するために、各プロポーザルに対して担当者(J-watch)を置いて個別に必要な支援を行っております。

 

IODP掘削提案フィジビリティ研究
  • J-DESCは、JAMSTECと協力して「ちきゅう」を中心とするIODP各掘削船の利用による掘削提案の促進のため、掘削提案のための事前研究事業「IODP掘削提案フィジビリティ研究」を実施しています。
    http://www.jamstec.go.jp/iodp/j/iodp_fs/

 

事前調査データ取得支援

IODP掘削プロポーザルが国際的に高い評価を得られるためには、質の高いサイエンスが求められる事はもちろん、プロポーザルで提案する掘削地点を評価するのに必要な、高品質なサイトサーベイ(事前調査)データの提示が不可欠となります。

J-DESCの科学推進専門部会では、掘削プロポーザルに必要なサイトサーベイ(事前調査)データの評価・選定とその取得について、プロポーザル提出・未提出(準備中)を問わず支援を行っております。

サイトサーベイ(事前調査)データの取得方法は主に下記のとおりです。

1) 既存データの利用:

2) 学術研究船白鳳丸・新青丸共同利用(東京大学大気海洋研究所):

3) 研究船利用公募(海洋研究開発機構):

 

1) 既存データの利用:研究機関等では既存データを公開しているデータベースサイトがあります。これらを通じて既存データを利用することが可能です。下記にいくつかの例を示します。

2) 学術研究船白鳳丸・新青丸共同利用(東京大学大気海洋研究所):

  • 東京大学大気海洋研究所では船舶の共同利用のための申請を受け付けています。これらを通じて新たにサイトサーベイ(事前調査)データを取得することが可能です。下記は共同利用のページのURLです。
    http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/coop/index.html

3) 研究船利用公募(海洋研究開発機構):

  • 海洋研究開発機構では研究船利用公募のための申請を受け付けています。これらを通じて新たにサイトサーベイ(事前調査)データを取得することが可能です。下記は研究船利用公募のページのURLです。
    http://www.jamstec.go.jp/maritec/j/public_offering/

 

WS支援
  • 現在J-DESCでは一部を除きワークショップ参加のための旅費支援は行っておりません。ご了承ください。

お問い合わせ

(プロポーザルとサイトサーベイに関する相談)
J-DESC 科学推進専門部会
E-mail: sci-proの後に@j-desc.org

(その他事務手続き等について)
J-DESCサポート
海洋研究開発機構 横浜研究所内
E-mail: infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5703

 

Comments are closed.