コアスクール・コア解析基礎コース2017

概要

日程

2017年3月9日(木)~12日(日)(4日間)

なお、本コースは、コア同位体分析コース(3月6~8日)と続けての受講が可能です。

会場

高知コアセンター(高知大学/海洋研究開発機構)
〒783-8502 高知県南国市物部乙200

実施目的

掘削船や研究船およびコア解析の現場などで行われているコア試料の肉眼岩相記載の方 法、スミアスライド作成・観察法、非破壊計測法などは、これまでの大学カリキュラムでは体系的にレクチャーする機会はほとんど無い。コア研究をスタートさせる際に必須であるこれらの観察・計測法の概要やノウハウなどを、船上や陸上施設などの様々な研究現場で豊富な経験をもつ講師陣が実践的に解説する実習型スクールを行う。

実施体制

[主催]:日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)
[共催]:高知大学海洋コア総合研究センター、海洋研究開発機構高知コア研究所、産業技術総合研究所地質調査総合センター
[協力]:株式会社マリン・ワーク・ジャパン

世話人

池原 実(高知大学海洋コア総合研究センター)
TEL: 088-864-6719, E-mail: ikeharaの後に@kochi-u.ac.jp

阿波根 直一(海洋研究開発機構高知コア研究所)
TEL: 088-878-2188, ahagonの後に@jamstec.go.jp

実施内容

【講師】

阿波根直一(海洋研究開発機構高知コア研究所)
池原 研(産業技術総合研究所地質情報研究部門)
池原 実(高知大学海洋コア総合研究センター)
L.P. Gupta(海洋研究開発機構高知コア研究所)
浦本豪一郎(高知大学海洋コア総合研究センター)
多田井修(マリン・ワーク・ジャパン)
久光敏夫(海洋研究開発機構高知コア研究所)
村山雅史(高知大学海洋コア総合研究センター)

【チューター】

山口龍彦(高知大学海洋コア総合研究センター)

レクチャー内容
  • IODP概論
  • 岩相記載概論
  • スミアスライド概論
  • 非破壊コア解析概論 など
実習項目

肉眼岩相記載、スミアスライド観察、マルチセンサーコアロガー計測、分光測色計側

実習利用機器

マルチセンサーコアロガー、分光測色計、実体顕微鏡、偏光顕微鏡、(X線CTスキャナ)

参加募集・その他

参加をご希望の方はオンラインフォームからお申し込みください。
オンラインフォーム>>こちら

参加費:1,000円
※この他、宿泊費(宿泊施設を手配予定)、食費、懇親会費等の実費がかかります(10,000円程度)。

募集人数:18名

申込〆切:2017年2月10日(金)17:00 ※募集は終了しました
※応募者多数の場合、早期に締め切る場合があります。

学生参加の補助

J-DESC会員機関所属の学生を対象に、J-DESCから旅費の補助をいたします。詳細は下記をご覧ください。

  1. 補助額:上限¥10,000/人
  2. 応募資格:所属機関がJ-DESC会員機関である学部生・大学院生
    (指導教員へ問い合わせるか、こちらでご確認ください)
  3. 注意事項
    ・参加申し込みと同時に補助を希望の旨、明記してください
    ・入金は参加後となります
    ・補助対象の方には、参加応募締切後、J-DESC事務局よりメールで案内が送付されます
    ・案内が送付された後、必要書類をご提出いただきます
    ・期日までに提出がなかった場合は、補助対象外とさせていただきます
    (スクール参加資格は残ります)

お問い合わせ

J-DESCサポート
海洋研究開発機構 横浜研究所内
E-mail: infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5703

This entry was posted in Event, J-DESC. Bookmark the permalink.

Comments are closed.