IODP掘削提案促進ワークショップ

IODP掘削提案促進ワークショップ

日程

2020年1月20日(月)〜21日(火)

会場

海洋研究開発機構 横浜研究所 三好記念講堂 【アクセス】

主催

日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)

世話人

池原実(高知大学)、沖野郷子(東京大学)、成瀬元(京都大学)、森下知晃(金沢大学)

開催趣旨

開催趣旨

2023〜2024年にかけて、アメリカが運用するIODPの主力掘削船ジョイデス・レゾリューションが太平洋に回航する予定である。日本主導のIODP掘削を実現し掘削科学研究を推進するために、早急に掘削提案をすることが肝要である。4月(もしくは10月)の〆切までに掘削プロポーザルの提案を予定している計画について情報共有し、SEP委員経験者らを交えた議論を展開し、より強固な掘削計画書を作成することを目指す。また、将来IODP掘削プロポーザルの作成を予定している若手研究者が、プロポーザル作成・評価プロセスを疑似体験する機会を提供する。

参照リンク

プログラム

プログラム(暫定版)

Day 1 1月20日(月) 11:00-18:00(10:30受付開始)

11:00-12:00 イントロダクション
趣旨説明 世話人
IODPの最新動向(Post-2023ほか) 事務局
J-DESCのプロポーザル支援体制(WS支援、SCOREほか) 事務局
IODPプロポーザルのSEP評価プロセスのレビューについて 阿部 なつ江
(JAMSTEC/元SEP委員)
12:00-13:00 ランチタイム
13:00-16:00 プロポーザルの紹介と討議(1)
検討中プロポーザルのアイデア紹介及びディスカッション
<Climate and Ocean Change>
後期新生代の古黒潮変動
岡﨑 裕典
(九州大学)
<Climate and Ocean Change>
キャンベル海台掘削による南西太平洋古海洋(仮)
黒田 潤一郎
(東京大学大気海洋研究所)
<Earth Connections>
南鳥島ルネサンス掘削
田村 芳彦
(JAMSTEC)
<Earth Connections>
Testing the Ontong Java Plateau Nui hypothesis
佐野 貴司
(国立科学博物館)
16:00-16:15 休憩
16:15-17:00 将来の掘削提案に向けたアイデア紹介
若手からの新規プロポーザルのアイデア紹介 (募集予定)
17:00-18:00 IODPプロポーザル相談会(検討中)
  • 紹介されたプロポーザルごとに小グループでの意見交換
  • 若手などIODPに馴染みの薄い研究者を対象としたプロポーザルのミニ書き方講座

…等、詳細検討中

18:00-20:00 懇親会(任意参加)  会費制

 

Day 2 1月21日(火) 9:30-15:00(9:00受付開始)

9:30-12:30 プロポーザルの紹介と討議(2)
検討中プロポーザルのアイデア紹介及びディスカッション
<Earth Connections>
IBMでやり残したこと(仮)
田村 芳彦
(JAMSTEC)
<Earth Connections>
フィリピン海プレート(仮)
小原 泰彦
(海上保安庁)
<Earth in Motion>
On-going spreading of continental margin, Okinawa Trough(仮)
大坪 誠
(産業技術総合研究所)
<Earth in Motion>
日向灘沖スロー地震域掘削
仲田 理映
(東京大学地震研究所)
12:30-13:30 ランチタイム
13:30-15:00 総合討論(各プロポーザルのおさらいと行程確認)

※本プログラムは暫定であり変更の可能性があります

参加方法

参加方法

参加費

無料

参加方法

本ウェブサイトにて事前登録用オンラインフォームを近日公開予定

新規アイデア募集

新規アイデア募集

新規の掘削研究のアイデアを募集します。
IODP掘削提案促進ワークショップでは、近い将来IODPへのプロポーザル提案を検討している研究者(若手〜中堅)からのアイデアを紹介し、科学評価パネル経験者などを交えて議論するミニセッションを設ける予定です。深海掘削によって解き明かしたい地球生命科学の謎やアイデアをお持ちの方は是非提案して下さい。なお、新規提案者には旅費支援を行う予定です。
多数の応募をお待ちしています。

応募方法

近日公開予定

This entry was posted in Event, J-DESC, ワークショップ・シンポジウム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.