Exp. 357 Atlantis Massif Onshore Science Partyレポート

最終更新日:2016年2月8日
※日付は日本時間

関連リンク

航海基本情報 >>こちら
船上レポート >>こちら

レポートインデックス

レポート3(2016年2月8日)>>ただ、岩石を見続けることの楽しさ
レポート2(2016年1月28日)>>ドイツ ブレーメンでの陸上サイエンスパーティー
レポート1(2016年1月27日)>>Exp. 357 Onshore Science Party has begun

この航海の基礎情報>>こちら

ただ、岩石を見続けることの楽しさ

秋澤紀克(金沢大学/Igneous Petrologist)

 金沢大学 理工研究域で博士研究員をしている秋澤紀克です。ドイツ、ブレーメンでのサイエンスパーティー、2度目のレポートと共に最後のレポートをしたいと思います。
私がこのサイエンスパーティーを通して主に行っていたことは、朝から晩までひたすら岩石を見続けることです。掘削された岩石は、ほとんどがひどく変質(主に水の付加による)していたのですが、その初生的な岩石種はどのようなものだったのか推定していきます(写真1)。

357_3_1

写真1:掘削された岩石コアサンプルの観察。

時には良くわからないものがあったりするので、その際には岩石薄片を作ってもらい、その顕微鏡観察を行うことで岩石種をきちんと特定します。それを2週間ほど続けると、最初に推定した岩石が、実は間違っていたということが明らかになったりします。そうすると、もう一度そこに戻って岩石の観察をやりなおします。そのようなことを繰り返していくと、岩石に愛着が湧いてきます。どんなに変質していて、見かけ上美しくなくとも(初生的でなくとも)、特に愛情を注いだ(研究を行う上で絶対に面白いと思う)箇所に関しては、「どうしても欲しい!」という欲求に駆られます。そして、前回も紹介した「サンプル争奪戦」において、その獲得を目指します。
サンプル争奪は、欲しい箇所に自分の名前の書かれたステッカーを貼ることで繰り広げられます。今回、私はあまりにも岩石の観察とそのレポート作成に忙しく、ほとんどの戦において、出遅れ攻撃(ステッカー貼り)を行いました。しかし、幸いなことに私が「どうしても欲しい!」と思った箇所にはあまりダメージ(ステッカー)がなく、比較的簡単に戦に(自己満足的な)勝利することができました。そのサンプルは、3月に届くことになっています。そして、本当の戦である「科学研究」が本格的に始まります。今回の掘削で得られたサンプルは、大西洋中央海嶺マグマ活動(大西洋の海底下地殻をつくるマグマ活動)解明にとってとても重要であると感じています。魅力的で面白い研究成果を、できるだけ早く発信できるよう頑張ります。
あれこれしているうちに、2月4日に帰国の途につきました。短い間でしたが、本当に有意義なパーティーだったと思います。休日もつぶして毎日働き、自分のシフトが終わっても働き続けることは、いかにも「過労」と思われるかもしれませんが、毎日岩石を見ていられることの楽しさがそこにはあります。時には時間を忘れてただひたすら観察を行い、またある時には仲間と岩石形成過程の議論を行いました。それを一緒に行っていた仲間との友情も深まり(写真2)、ある種の青春を感じる楽しい時間でした。このような経験は今度いつ出来るかわかりませんが、次またこの場で皆さんにレポート報告が出来たら幸いです。Auf wiedersehen(では、また)!!

357_3_2

写真2:初生的な岩石を扱うグループのメンバーとの写真。どちらも、なんと大学院生。とっても優秀な2人でした。

 

ドイツ ブレーメンでの陸上サイエンスパーティー

秋澤紀克(金沢大学/Igneous Petrologist)

金沢大学 理工研究域で博士研究員をしている秋澤紀克です。現在、タイトルの通りサイエンスパーティーを、「ブレーメンの音楽隊(グリム童話)」で有名なブレーメンで行っています。そのように聞くと、何やら楽しそうに聞こえるのは私だけでしょうか?ブレーメンでサイエンスパーティー。しかし、それは壮絶な戦いであり、2016年1月19日にその幕は切って落とされました。

パーティー会場であるブレーメン大学に集まった科学者は総勢30名程、同時に集まった技術者も合わせれば40名以上が一堂に会しました。我々の目的は、既に大西洋の海洋底掘削航海(掘削航海の詳細と船上の生活は、既にJAMSTEC高知コアセンターの諸野さんが報告しています。詳細は、http://j-desc.org/exp357_onboard_report/)で採取された岩石や水サンプルの詳細をレポート化することです。私が所属する岩石学チームは、大きく3つに分けられ:①初生的な岩石を扱うグループ、②変質した岩石を扱うグループ、③岩石の構造を扱うグループ、私は①に属しています。57mにも達する岩石の掘削サンプルを、毎日淡々と観察しています。ここで1つ私にとって問題になるのが、採取された岩石はほとんど変質していることです。これまで、新鮮な岩石(このように聞くと違和感を感じる方もいらっしゃると思いますが、岩石だって、出来たてが一番輝いており、新鮮なのです)を扱って研究を行ってきたため、見慣れない岩石が多々あることです。毎日四苦八苦しつつも、変質した岩石は元々何だったのか、皆で議論しています。

以上のように、このパーティーは世界中の研究者が集まって楽しくわいわいすることが目的ではなく、科学研究を行うために集まっています。期限は今のところ2月4日。それまでに、研究レポートなどを全て滞りなく行う必要があります。そのパーティーの中でも、最も激戦が繰り広げられるのが「サンプル争奪戦」です。我々が参加している国際深海科学掘削計画(IODP)では、参加することでサンプルが分け与えられ、自分の研究で用いることができます。そのため、最後には自分の欲しいサンプル申請を行います。もしも、その申請箇所が他の研究者と被ったら、相談しあってサンプル争奪戦を行います。勿論英語で。そのため、英語できちんと自分の意見を言い、時には白熱した議論を繰り広げます。この最後の争奪戦に向けて、現在自分の行いたい研究を必死に練っています。負けないぞ(と思っていないと、言い負かされます)!!

現在、ブレーメンの最低気温は−10ºC程度になります。とても寒いです。寒いことは知っていたためホッカイロをたくさん持ってきたのですが、サイエンスパーティー中は休日も含めて毎日働きます。そのため、外にいる時間はホテルとブレーメン大学を移動する間だけのため、無駄でした。昼は学食、夜は仲間とホテル近くのレストランで済ませます。スーパーマーケットなどは8時には閉まってしまうため、買い物も思うように出来ません。結局、紹介するにも良いネタがないので、一緒にサイエンスパーティーに参加している諸野さんが撮影した素敵な写真(小さな川の水が凍っています!)で最後締めくくりたいと思います。

s_IMG_2626Wiedersehen(さようなら).

ページのトップへ

Exp. 357 Onshore Science Party has begun

Amila Sandaruwan Ratnayake(島根大学/Organic Geochemist)

I have left from Japan for the IODP Expedition 357 on 19th morning. I met Akizawa-san, who represented the same IODP expedition as a Japan-based scientist, at Amsterdam, Netherland. We arrived in Bremen, Germany in the late evening and it was very cold and dark night with little snowing. As I remembered, the outside temperature was around -5°C at that time. We checked in Best Western Hotel (Schaper Siedenburg), and joined ice break party. I had some brief chats with several scientists including co-chief scientists during the ice break party. On the next day morning, all scientists have left from the hotel to Bremen Core Repository with co-chief scientists. The outside was still completely dark when we entered the building around 9:00. In the morning section, co-chief scientists, director and other executive members of Bremen Core Repository, and project managers conducted presentations regarding the outline of the project. All scientists went their lunch at the cafeteria (Mensa) of the University of Bremen. Wow! It is my first time to see Bremen under daylight (Figure 1).

Figure 1: Bremen Core Repository (MARUM), University of Bremen, Germany.

Figure 1: Bremen Core Repository (MARUM), University of Bremen, Germany.

The laboratory guidelines were received from all scientists during the first day evening and throughout the second day of the Onshore Science Party (OSP). Geochemical laboratories are located quite far from the main MARUM building. According to initial work schedule, I had a late shift from 11:45 to 22:30. Unfortunately, scientists have no access to the geochemical laboratories after 18:00, and all laboratory works should be finished by this time. In this case, two organic geochemists including myself and two inorganic geochemists requested to have one shift from 7:30 to 17:00 for laboratory works and 17:00 to 18:15 for report writing. We decided to spend whole time for report writing during the weekends. In this expedition, very few specialists participated as inorganic geochemists. Therefore, the project managers and co-chief scientists requested me and Dr. Susan (organic geochemist) to support them. We analyzed major and trace element and anions concentration of water samples using instruments of Varian Vista Pro CCD ICP-OES, Agilent Technologies 700 Series ICP-OES and Metrohm 882 compact ion chromatograph (Figure 2). It was a challenging task for both of organic geochemists. I received catalogs and other necessary instructions on 21st Thursday, and I referred those documents until early morning on the next day. We prepared our analytical protocols and future work schedules on 22nd Friday. In addition, we carried out pre-measurements to establish the various levels of concentrations of the elements of interest and to make standard solutions. Since the geochemical laboratory of the University of Bremen closed during the weekends, I and other geochemists spend our whole day time to familiar with these analytical methods and instruments. At the end of the weekend, I could gain fair knowledge regarding these analytical methods and instruments. We started our laboratory works on Monday and successfully continued it during the next few days.

Figure 2: Some of the geochemical analytical instruments.

Figure 2: Some of the geochemical analytical instruments.

It was really enjoyable to work with different people from all around the world. Since the geochemistry laboratory is located quite far from the main building, geochemists have very less chance to move with other research teams during the weekdays. Dr. Hai-Quan Liu from China became a close friend with me in our geochemistry group who has almost similar age to me. He promised me to visit Sri Lanka (my home country) in future, when I am back to my country. Although I preferred to make conversation with Akizawa-san, we could sometimes have brief chats on tramps. It takes about 15-20 minutes to travel from hotel to university by tram. I take regularly my breakfast at the hotel and lunch at Mensa. I enjoy a lot in great varieties of delicious foods at Mensa, so every day I try for new food. The amounts of foods are extremely big for one plate. I take my dinner at several restaurants including Western, Chinese and Japanese foods. I found a Sushi shop at the main railway station (Hauptbahnhof) that is located a few steps away from the hotel (Figure 3). Hotel and universities laboratory are much warmer enough for comfortable living. Although outside temperature is close to zero or below zero, there is no any cool feeling inside any of the building and corridors. The heating system is amazing in Bremen. They use hot water to heat all buildings in the city and it works automatically for entire winter period. I remembered one of my Mongolian friends explained to me about this heating mechanism when we were doing our Ph.D. degrees at Shimane University. At the moment, everything is going smoothly and perfectly. We all are enthusiastically waiting to complete our individual tasks quickly and precisely in order to identify mystery of young mafic and ultramafic Atlantic Massif submarine hydrothermal systems.

Figure 3: The main railway station (Hauptbahnhof).

Figure 3: The main railway station (Hauptbahnhof).

ページのトップへ

This entry was posted in IODP Expedition. Bookmark the permalink.

Comments are closed.