会員提案型活動経費

概要

会員提案型活動経費は、規約第2条に「地球科学を総合的・計画的に推進するため、産官学の研究機関及び組織並びに研究者及び技術者の自発的な集合・運営のもと、地球掘削科学の推進に係る企画を提案するとともに、各組織等及び研究者等が実施する研究等の有機的な連携及び効果的な推進を図り、もって地球掘削科学の発展に寄与すること」が示されており、この「自発的な集合・運営」を会員の“ボトムアップ形式”で行うための柱の一つとして位置づけられます。

会員提案型活動経費の活用方法は、会員のみなさまの自由な提案が対象になります。提案の採択および配分にあたっては、会員のみなさまからのプロポーザルを選考委員会が公平に審査し、決定いたします。以下はその一例です。

  • 各地域でのコンソーシアム活動(シンポジウム開催、展示会出展など)
  • 国際パネル開催に合わせた普及広報活動
  • 若手研究者、学生の交流会
  • その他普及広報活動(製作物、広報掲載など)

もちろん、上記以外でもコンソーシアムの活動としてふさわしいものであれば、その内容は問いません。近隣の会員機関が共同してイベント等を企画することも大歓迎いたします。
また、最近の我が国におけるIODP/ICDPに対するプロポーザル提案数の現状を考慮し、特に、海洋掘削提案の作成を目指した経費の提案を期待しております。

会員のみなさまには、以下の募集要項をよくお読みの上、奮ってご応募くださいますよう、お願いいたします。

今後のコンソーシアムの円滑な発展のため、会員の皆さん自身の手で、活発なものに育て上げていただければ幸いです。

今年度の採択活動>>こちら
過去の採択活動一覧>>こちら

予算規模(平成29年度計上)

総額30万円(複数の提案を採択予定)

募集要項

1.募集概要

通年募集
※活動実施日の2ヶ月前までに申請書をご提出頂きます。
※ただし、緊急を要すると両執行部会で判断された場合のみ、1ヶ月前の提出など特例を認める。
(事務局へご相談のMailをお送り下さい。)

2.応募資格

コンソーシアム正会員機関(またはその所属者)及び個人会員とする。
所属部会(IODP部会・陸上掘削部会)は問いません。

3.応募方法

本募集要項に添付の申請書に必要事項を記入の上、コンソーシアム事務局まで送付
(原則として電子メールで受付;郵送も可)。
ダウンロードはこちらから(Wordファイルです)

4.選考方法

「会員提案型活動経費選考委員会」を設け、予算枠内で採用する提案を決定する。
提案の採用数及び配分額は、選考委員会の裁量の範囲とする。

5.その他・注意事項

本経費ですべてまかなうのではなく、他経費と併用など自助努力をお願い致します。

  • 本経費では、学会会費等は原則として支払うことは出来ません。
  • 本経費からの旅費への支出は採択額の5割未満とする制限があります(2010年度4月より緩和)。

※プロポーザル作成支援の採択に関しては、制限を定めません。
※招待講演者・学生等の旅費については支出することができます。
※乗船教育支援/普及広報活動についても、採択額の5割を超えない範囲での支出を認めます。
※5割を超える必要がある場合には理由書付きで申請頂き、選考委員会にて判断いたします。

  • 活動実施後に活動完了日から30日以内にご提出頂きます。

※原則、和文報告書を提出。
※国際シンポジウムなどを実施し、英文報告書を提出する場合は和文要約も合わせて提出。

  • 必要に応じて、会員総会等で報告を行っていただく場合があります。
  • 経費の支払方法等は採用決定後に通知いたします。

平成29年度審査委員

役割 選出要件 氏名
委員長 IODP部会執行部(1名) 林 為人(京都大学)
委員 J-DESC理事機関担当者またはIODP部会執行部(2名) 黒田潤一郎(東京大学
大気海洋研究所)
黒柳あずみ(東北大学)
陸上掘削部会執行部(1名) 矢部康男(東北大学)
J-DESC理事機関担当者、部会役員、執行部のいずれにも属さない会員機関所属者 坂口有人(山口大学)
石橋純一郎(九州大学)

平成29年度採択活動

H29-01
活動名: 「ちきゅうオマーン」への学生参加支援
代表者: 高澤栄一(新潟大学自然科学系(理学部))
採択額: 109,030円
H29-02
活動名: 「2017年度 地球惑星科学 学生と若手の会」の開催
代表者: 泉 賢太郎(個人会員/千葉大学教育学部)
採択額: 30,000円

お問い合わせ

〒236-0001 神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25
海洋研究開発機構 横浜研究所内
J-DESCサポート
E-mail: infoのあとに@j-desc.org
TEL: 045-778-5703

 

Comments are closed.