Exp. 354 Bengal Fan

航海概要

航海概要

テーマ

Neogene and late Paleogene record of Himalayan orogeny and climate: a transect across the Middle Bengal Fan
プロポーザル#552-Full2>>外部リンクはこちら(フルバージョンPDF)
Scientific Prospectus>>外部リンクはこちら

航海予定期間

2015年1月29日~2015年3月31日

 掘削船

JOIDES Resolution

乗船/下船地

シンガポール/コロンボ(スリランカ)

掘削地点

科学目的

The Bengal Fan Expedition is based on IODP Proposal 552-Full3 and will drill a transect of sites across the middle Bengal Fan to obtain a Neogene and late Paleogene record of Himalayan orogeny and climate. The objectives are to investigate interactions among the growth of the Himalaya and Tibet, the development of the Asian monsoon, and processes affecting the carbon cycle and global climate.

One deep penetration site aims to document the early stages of Himalayan erosion, the India-Eurasia collision, and the development of the Himalaya and Tibet. The transect will constrain the Neogene development of the Asian monsoon, its impact on sediment supply and flux, and allow quantitative studies of the interrelations of climate change and sediment accumulation. Sediments obtained will document (1) uplift history through erosional flux and deposition patterns and detailed geochronology of minerals, (2) Himalayan evolution from isotopic tracing of particle origin and age, and (3) environmental and climate conditions through sediment granulometry, mineralogy and geochemistry, organic matter composition and oxygen isotopes of microfossils.

JRSOのページ>>こちら

共同首席研究者

Christian France-Lanord and Tilmann Schwenk

J-DESCからの乗船研究者
氏名 所属 役職・身分 乗船中の役割
中嶋 新 山口大学 大学院生(修士課程) Physical Properties Specialists/Downhole Measurements
吉田孝紀 信州大学 准教授 Sedimentologist
ADHIKARI Swostik Kumar 島根大学 大学院生(博士課程) Sedimentologist
GYAWALI Babu Ram 東北大学 大学院生(博士課程) Micropaleontologist-Nannofossils

乗船に関わるサポート情報

乗船研究者としてIOから招聘される方には乗船前から乗船後に至る過程の数年間に様々なサポートを行っています。主な項目は以下の通りです。

  1. プレクルーズトレーニング:乗船前の戦略会議やスキルアップトレーニング
  2. 乗船旅費:乗下船に関わる旅費支援
  3. アフタークルーズワーク:モラトリアム期間中の分析
  4. 乗船後研究:下船後最長3年で行う研究の研究費

乗船の手引き(乗船前準備や船上作業・生活方法に関する経験者からのアドバイス集)>>こちら

募集情報(〆切ました)

募集情報

募集分野

-experienced planktonic foram biostratigraphers with proven knowledge of Cenozoic, especially Neogene

-experienced paleomagnetist

応募方法>>こちら
応募用紙の記入方法>>こちら
応募する>>こちら

募集〆切

5/12(月)
終了しました

募集情報

募集分野

制限なし

応募方法>>こちら
応募用紙の記入方法>>こちら
応募する>>こちら

募集〆切

2014年1月6日(月)17:00
2014年2月26日(水)
適任者の応募があり次第
〆切ました.

注意事項

応募する方は全員英文CV、さらに在学中の場合は指導教員の推薦書が必要となります。
修士課程の大学院生の場合は乗船中の指導者(指導教員もしくは代理となる者)が必要です。

船上レポート

レポートインデックス

レポート1>>掘削船上の交通整理
レポート2>>A life of sedimentologist onboard

レポート2 「A life of sedimentologist onboard」

Swostik Kumar Adhikari(島根大学/Sedimentologist)

Mobile alarms, oh, it is already 23:20. ‘Wake up’, mind strikes and forces me to get up from the bed. After taking shower, I prepare my backpack for next 12 hours working shift. My roommate, who is working in an opposite shift, is going to be here anytime soon for next twelve hours. After finishing all my morning ‘rituals’, I climb up stairs with full of enthusiasms to go to the core lab where we sedimentologists describe cores.

On the core lab, archive half comes on ?core describing table and working half goes to sampling table after splitting the core into two halves. Designated samples are taken from the working half by allotted scientists. The first task on the archive half is to scrap off the sediment surface gently with stainless steel plate to make the surface smooth and visible for scientific observations. Then it is taken for high resolution imaging and magnetic susceptibility as well as spectral reflectance measurement. After which it returns to core describing table for further description of the sediment. We enter information about sediment types, characters, structures and drilling disturbances (if there are any) in a software called DESClogik.

In JR we have our own small world floating on huge water-mass of the Indian Ocean. In this small world, people from different continents and cultural perspectives are living harmonically in cordial environment as a big JR-Bengal Fan family. Defining day and night in our JR family is quite different due to different working shifts. Every scientist works for twelve hours, from mid-night to noon and from noon to mid-night. In the very first days onboard, it looked very funny because at the same time one was taking dinner while the other was having breakfast. As, I am in mid-night to noon shift, I take breakfast at mid-night, lunch at six in the morning and dinner at noon. It took about a week for me to get adapted with this schedule. Wide varieties of meal are prepared by excellent cooks on board. As a vegetarian I am enjoying great vegetarian foods.

Now, we are in middle of the Bengal Fan and it is already three weeks that we left Singapore and saw land last time. After a couple of days transit we started drilling our first site MBF-6A (U1449) down to 213 meter below the seafloor with quite good sediment recovery. We drilled further deep into the sediment at the second site MBF-2A (U1450) reaching about 690 meter below the seafloor. Now, we are drilling third site MBF-3A with our ambitious depth of 1500 meter below the seafloor. We all onboard are enthusiastically waiting to meet that depth of drilling in order to decipher mystery of the Himalayan evolution, impact of the monsoonal system on sediment supply and development of the Bengal Fan.


Working halves on sampling table.

Sunrise seen from JR on 24th Feb, 2015.

このページのトップへ

レポート1「掘削船上の交通整理」

吉田孝紀(信州大学/Sedimentologist)
Exp. 354 Bengal Fanは1/29から4/1までの日程で、インド洋のベンガルファンにおいて海底コアを採取し、主にヒマラヤの形成初期の浸食作用や新第三紀のモンスーン変動の解明を目指して実施されています。
私はJR号にsedimentologistとして乗船していますが、はじめは やることの多さに多少面食らってしまいました。Sedimentologist の主な仕事は採取されたコアの記載ですが、コア採取時の変形構造とその評価を求められ、海底コアの観察経験が非常に少ない私にとって難しい判断を迫られま した。幸い、海底コアの記載経験の豊富な研究者がおりましたので、いろいろと教わることができました。一方、ヒマラヤの形成に供給源変化を評価するため に、タービダイト砂のスメアスライドを用いた鏡下記載が求められたのですが、sedimentologistで重鉱物などを同定できる人が少なく、結局、 朝晩のシフトを問わず私がやることになってしまい、苦労しています。

さて、これまで近接した2つの地点で掘削を行いましたが、砂質堆積物の回収率が 悪く、かつ遠洋性堆積物では十分に掘削深度を稼げずに効率的ではないとのことで、やや残念な結果のまま終了しています。現在3つめの掘削地点で、古第三系 までの深度1500mを目指して掘削を行っています。この地点ではヒマラヤ周辺のシワリク層群のような陸上堆積物には記録されていない、1500万年以前 の堆積物の採取を目論んでいます。それ故、乗船研究者の関心は高く、比較的新しい鮮新統や上部中新統でも、大量のサンプルリクエストがなされました。中で も一番人気は、最下部から最上部までそろったタービダイト層と遠洋性堆積物で、コア採取時の変形を被っていない部分は多くのリクエストのために、やや混乱 気味でした。結局、過剰なサンプル採取によるコアの破壊と時間の浪費を防ぐため、ドクロマークや「No!」マークの書かれたフラグを用意して「採取禁止区 間」を作るなどの交通整理がなされました。また、乗船中で必要不可欠なサンプル以外の採取は、下船後のサンプリングとすることが決定されました。

掘削地点のタービダイト層の砂質部には様々な重鉱物が含まれており、一般的な造 岩鉱物をはじめとして、ヒマラヤ起源の変成鉱物や海底での変質鉱物が多数含まれています。私にとっては、その頻度や量比が変化することが非常に興味深く、 楽しんで観察しています。砂質堆積物では、ジルコンを含むか、含むならばその粒径は?といった質問が多数寄せられ、近年急速に普及したジルコン粒子年代へ の関心が非常に高いことを伺わせます。乗船当初に「砂サンプルを10kgほしい」という(無茶な?)要望が複数寄せられたことも、そのことを反映していま す。ただ、1300km近く流下したタービダイト砂は一般に細粒で、粗粒なジルコン粒子は非常にまれです。乗船研究者の多くがジルコン粒子年代のためのサ ンプリングを予定していましたが、偏光顕微鏡下でジルコンを同定できる人が意外に少なく、驚きました。同時に、私が大学で接する多くの学生は主要造岩鉱物 やジルコンを識別できますので、日本の地質教育レベルもそれなりに悪くない、という認識を持ちました。

今回の掘削は、これから中部中新統から下部中新統への重要な層準に進みます。ほぼ毎日、震探断面や生層序などについての何らかの発表会や報告会が開催されており、きわめて刺激的な毎日を送っています。これからの掘削でどのような結果が得られるか非常に楽しみです。

ベンガルファン浅部のコア。青緑灰色の遠洋性堆積物と暗灰色のタービダイト層への遷移部を示しています。

サンプルリクエストの集中によるコアの破壊を防ぐための「No」マーク。この部分からのサンプル採取はとりあえず「禁止」あるいは「要相談」となりました。

このページのトップへ

報告書類

  • Pre-cruise training
    開催日時:2015年1月6日~9日
    参加報告書:こちら(PDF)
  • Expedition
    航海期間:2015年1月29日~3月31日
    参加報告書:こちら(PDF)
  • Sampling Party
    開催期間:2015年8月31日~9月5日
    参加報告書:こちら(PDF)
  • 2nd Post-expedition meeting
    開催期間:2017年5月2日~4日
    参加報告書:こちら(PDF)

お問い合わせ

J-DESCサポート
海洋研究開発機構 横浜研究所内
E-mail: infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5703

Comments are closed.