Exp. 378: South Pacific Paleogene Climate乗船研究者募集!

航海概要

航海概要

テーマ

South Pacific Paleogene Climate

 

  • プロポーザル #567-Full
  • Scientific Prospectus: To be published

JRSOのページ>>こちら

航海予定期間

2018年10月14日~12月14日

掘削船

JOIDES Resolution

乗船/下船地

Wellington, New Zealand to Papeete, Tahiti

掘削地点

科学目的

Expedition 378 will investigate the record of Cenozoic climate and oceanography through a drilling transect in the far southern Pacific Ocean. In particular, it will target sediments deposited during the very warm Late Paleocene and Early Eocene including the Paleocene-Eocene boundary, as well as the Eocene-Oligocene transition to investigate how the Eocene earth maintained high global temperatures and high heat transport to the polar regions despite receiving near modern levels of solar energy input. Investigation of the recovered sediments also will constrain the subpolar Pacific climate, oceanographic structure, and biogeochemical cycling of much of the Cenozoic. These sediments will be used to characterize water masses, deep and shallow ocean temperature, latitudinal temperature gradients, the strength of upwelling, and the strength of the zonal winds to study both the atmospheric and oceanic climatic subsystems.

 

詳細についてはJRSOのページをご参照ください。

 

共同首席研究者

Deborah Thomas and Ursula Röhl

J-DESCからの乗船研究者

募集中 ※詳細は「募集情報」タブを参照

乗船に関わるサポート情報

乗船研究者としてIOから招聘される方には乗船前から乗船後に至る過程の数年間に様々なサポートを行っています。主な項目は以下の通りです。

  1. プレクルーズトレーニング:乗船前の戦略会議やスキルアップトレーニング
  2. 乗船旅費:乗下船に関わる旅費支援
  3. アフタークルーズワーク:モラトリアム期間中の分析
  4. 乗船後研究:下船後最長3年で行う研究の研究費

乗船の手引き(乗船前準備や船上作業・生活方法に関する経験者からのアドバイス集)>>こちら

お問い合わせ

J-DESCサポート
海洋研究開発機構 横浜研究所内
E-mail: infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5703

募集情報

募集情報

募集分野

制限なし

応募方法

応募>>こちら
応募用紙の記入方法>>こちら

募集〆切

2017年9月15日(金)

 

注意事項

応募する方は全員英文CV、さらに在学中の場合は指導教員の推薦書が必要となります。
修士課程の大学院生の場合は乗船中の指導者(指導教員もしくは代理となる者)が必要です。

This entry was posted in IODP Expedition. Bookmark the permalink.

Comments are closed.