Exp. 374 Ross Sea West Antarctic Ice Sheet History

航海概要

航海概要

テーマ

Ross Sea West Antarctic Ice Sheet History

プロポーザル#751-Full2>>こちら(フルバージョン)
プロポーザル#751-Add>>こちら(フルバージョン)
プロポーザル#751-Add2>>こちら(フルバージョン)

Scientific Prospectus>>To be published

航海予定期間

2018年1月4日~3月8日

掘削船

JOIDES Resolution

乗船/下船地

Wellington to Wellington, New Zealand

掘削地点

374map

 

科学目的

The Ross Sea West Antarctic Ice Sheet (WAIS) History Expedition (based on IODP Proposals 751 Full2, 751 Add, & 751 Add2) will investigate the relationship between climatic/oceanic change and WAIS evolution through the Neogene and Quaternary. Numerical models indicate that this region is highly sensitive to changes in ocean heat flux and sea level, making it a key target to understand past ice sheet variability under a range of climatic forcings.

The proposed drilling is designed to optimize data-model integration for improved understanding of Antarctic Ice Sheet mass balance during climates warmer than present. Core and log data from a transect of six sites from the outer continental shelf to rise in the eastern Ross Sea will be used to: (1) evaluate WAIS contribution to far-field ice volume and sea level estimates; (2) reconstruct ice proximal atmospheric and oceanic temperatures to identify periods of past polar amplification and assess forcings/feedbacks; (3) assess the role of oceanic forcing (e.g., sea level, temperature) on WAIS instability; (4) document WAIS sensitivity to Earth’s orbital configuration under varying climate boundary conditions; and (5) reconstruct eastern Ross Sea bathymetry to examine relationships among seafloor geometry, ice sheet instability, and global climate.

JRSOのページ>>こちら

共同首席研究者

Robert McKay and Laura De Santis

J-DESCからの乗船研究者
氏名 所属 役職 乗船中の役割
石野沙季 名古屋大学 大学院生(修士課程) Sedimentologist
杉崎彩子 産業技術総合研究所 研究員 Paleomagnetist
関 宰 北海道大学 准教授 Organic Geochemist

乗船に関わるサポート情報

乗船研究者としてIOから招聘される方には乗船前から乗船後に至る過程の数年間に様々なサポートを行っています。主な項目は以下の通りです。

  1. プレクルーズトレーニング:乗船前の戦略会議やスキルアップトレーニング
  2. 乗船旅費:乗下船に関わる旅費支援
  3. アフタークルーズワーク:モラトリアム期間中の分析
  4. 乗船後研究:下船後最長3年で行う研究の研究費

乗船の手引き(乗船前準備や船上作業・生活方法に関する経験者からのアドバイス集)>>こちら

お問い合わせ

J-DESCサポート
海洋研究開発機構 横浜研究所内
E-mail: infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5703

募集情報

募集情報

募集分野

制限なし

応募>>こちら
応募用紙の記入方法>>こちら

募集〆切

2016年8月15日(月)

〆切りました。

注意事項

応募する方は全員英文CV、さらに在学中の場合は指導教員の推薦書が必要となります。
修士課程の大学院生の場合は乗船中の指導者(指導教員もしくは代理となる者)が必要です。

This entry was posted in IODP Expedition. Bookmark the permalink.

Comments are closed.